千松信也の家の住所は?結婚した妻(嫁)や子供!出身大学はどこ?

画像

大型連休中、家族でキャンプして、

肉に食らいつく、なんて、

最高の休日じゃないですか?

 

2018年4月30日(月)にNHKで放送される

「ノーナレ」では、

 

わな猟師を務める

千松信也さん(読み方はせんまつ しんや)さんが

紹介されます!

 

ドライバーの仕事を務めるかたわら、

わな狩猟の魅力に目覚めて、

本まで出版されている方です。

 

 

千松信也の家の住所は?

結婚した妻(嫁)や子供!出身大学はどこ?

という記事でお送りします!

この人も話題の人ですよ!

スポンサーリンク


千松信也のwikiプロフィール

  • 名前:千松 信也(せんまつ しんや)
  • 職業:猟師、ドライバー
  • 生年:1974年
  • 出身地:兵庫県

千松信也さんは、大学在籍中に狩猟免許を取得して、

先輩猟師から伝統のワナ猟(ククリワナ猟)や

網猟(無双網猟)を学んだ過去があります。

 

そこから、山のふもとで狩猟をして、

「必要な分だけ肉を手に入れる。自分の力で」

というライフスタイルにのめり込んだそうです。

 

2001年甲種狩猟免許(現わな・網免許)

取得していて、

しかし、鉄砲は持ってないそうです。

 

そこから、2008年に『ぼくは猟師になった』を出版し、

業界の有名人となり、

現在も運送会社で働きながら猟を続ける生活を続けています。

 

田舎に移り住んで、

必要な分だけを手に入れて生活するスタイルですから、

魅力的に感じる方も多そうですね!

 

事実、千松信也さんにところにも

狩猟に憧れて人がたくさん

やってくるそうです。

千松信也の出身大学は?

画像

千松信也さんは、

大学時代に狩猟に目覚めましたが、

どこの大学に通っていたのでしょか?

 

千松信也さんは、京都大学文学部という、

ものすごくレベルの高い大学に

通っていたのです!

 

千松信也さんが高校生の頃、

酸性雨や砂漠化といった

環境問題が注目されていたそうで、

 

その影響で、「人間がすべていなくなればいい」

という考えを持っていたそうです。

しかし、それがだんだん変わっていって、

 

自然の中で自力で暮らし、食べ物を得たい

と考えるようになり、

狩猟に興味を持ったのでした。

 

自分が食べる肉なのに、

殺すのがイヤ。誰かにしてもらいたい。

だからそれにお金を払って食べる。

 

そういう価値観が嫌で、

全部について責任をとりたい

と思って狩猟を始めたのだそう。

 

現在も、京都市立芸大で新入生向けに

罠のワークショップをするなど、

狩猟を通じて、学生に動物との関わり方を伝えているそうですよ。

スポンサーリンク


千松信也の経歴

わなを使って狩猟する

千松信也さんですが、

それまでの経歴も特殊です。

 

実は千松信也さんは、もともと

大学へ入ったら4年間休学しようと

決めていたそうで、結局10年間大学にいたそうです。

 

20代の間は海外へ行ったり、いろんな仕事をしてみたりして、

とにかく興味があることに、

かたっぱしから手を出していたそうです。

 

そんな時、

たまたまバイト先で知り合った人が罠猟をしていて、

その人に教わっ他のが猟との出会いなんだそうです。

 

 

当時は学生寮に住んでおり、

動物の解体も大学の敷地内で

やっていたそうです。

 

してからも狩猟を続けるために、

すぐ裏山にケモノ道のある、

山際の家に移り住んだそうです。

 

「自分が食べる肉を自分で捕りたい」という思いから、

出版や講演までこなしている、

自分に正直な方だなぁと思いました。

千松信也の結婚した妻(嫁)

画像

自分の他が届く範囲で生活する

アウトドアライフを送る千松信也さん

ですが、2007年にご結婚されているそうです。

 

 

都会から離れた場所で

自然に囲まれて生活するライフスタイルも

魅力的ですし、

 

穏やかな日々にも

刺激がありそうで、

楽しそうですね!

千松信也の子供

画像

千松信也さんには、お子さんもいるようです。

お子さんどうやら2人いるそうで、

 

2018年4月時点で、

小学5年生と小学2年生だそうです。

アウトドアにのめり込みそうな年頃ですね!

 

ツイッターでは

お子さんとのやりとりが

投稿されています。

小学校の頃、林間学校の行事がすごく好きでしたが、

千松信也さんと一緒に生活していたら、

いやでも野生の魅力にはまってしまいそうですね。

スポンサーリンク


千松信也の家の住所は?

画像

山に行って狩猟をするのが

千松信也さんのライフスタイルですが、

どれほど山奥に住んでいるの?

 

って疑問になりますよね。

実は、千松信也さんは

「そこそこ」の自然の中で生活していて、

 

「森のなかで過ごす生活を続ける」は

ちょっと言い過ぎ。

せいぜい「森のそばで過ごす生活」なのだそう。

 

実は、徒歩10分のところに

コンビニまであるらしく、

結構便利な立地なのだそうです。

 

しかも、千松信也さんが借りている

京都の小屋は、

家賃が2万3000円なのだそう。

 

その部件を解体小屋兼別宅兼家の物置

にして借りているそうです。そうすると、

家族で住む自宅は別で持っているのかもしれませんね。

 

 

そこで肉をさばくことで、

自然と、

動物と一対一で向き合うことになるそうです。

 

だから、

恵みをいただく、という感覚を忘れず、

動物と向き合うことができるのだそう。

 

肉が流通する前は、動物を狩猟してさばくことが

普通のことで、その時の感覚に戻ることができる

のが魅力なのだそう。

 

人間本来の感覚とか、

動物を殺して食べる、

という当たり前のことに

 

真摯に向き合える狩猟は、

最高の教育なのかもしれませんね。

 

この人も話題の人ですよ!

佐藤香菜(biople)の経歴・学歴や年収は?通販やお店の場所はどこ?

2018.04.26

須藤由美の経歴や学歴(出身大学・高校)!年収やNY限定服の通販は?

2018.04.17

まとめ

まとめ,画像

ここまで、わな狩猟をしている

千松信也さんをクローズアップしてきました。

 

大学時代にわな猟と出会ってから、

自分の食べ物は自分でさばく責任感を持ちたいと、

 

すごく自分の人生と真摯に向き合っている

方だなぁと思えました。

ホンキで自然と向き合う人って、こういう人なんだなぁと

 

すごく勉強になれました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください