三宅義行は双子の兄?結婚した妻(嫁)や娘・家族は?名言が気になる!

画像

おはこんばんちワンダホ~♪大阪のおばちゃん、みねやんです☆

 

今度はウエイトリフティングでオリンピック金まで獲った三宅義行さんがパワハラらしぃでっせ。

次から次にパワハラパワハラ、どんどん出てきますなぁ~。

 

結婚した妻(嫁)や父と同じくウエイトリフティングをしていた家族はどう思ってるんやろね。

これまで我慢してたのが波に乗ったかのようにカミングアウトしてるのか、隠蔽してたのが出てきてしまったのかは不明やけど、まぁあっちもこっちも忙しや~。

 

名言なんか迷言なんかは分からんけど、そんなんも調べていってみまっしょ~ぃ!

スポンサーリンク


三宅義行のwikiプロフィール

  • 名前:三宅 義行
  • よみ:みやけ よしゆき
  • 生年月日:1945年9月30日
  • 年齢:72歳(2018年9月12日現在)
  • 出身地:宮城県柴田郡村田町

 

三宅義行の学歴(出身高校や大学)はどこ?

法政大学卒業とまでしか分からんかったわ~ん。

三宅義行の経歴

1968年メキシコオリンピックで銅メダルを獲得。

このときの金メダルは兄の信行さんで、同じ種目で兄弟揃って表彰台に立つのは日本ではこの兄弟だけやねんて。

 

その後、幹部自衛官として自衛隊体育学校に在籍しながら1969年と1971年に世界選手権で優勝したりして、国際大会で活躍してたそうな。

引退後は指導者として重量挙げの発展に貢献し、2001年に東部方面総監部勤務を最後に1等陸佐で退官した。

って、割と最近まで自衛官でもあったんやね。

 

そこから娘の宏実さんのコーチとして指導し、2012年ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得して親子でメダリストとなったそうな。

親子でメダリストとはすごいことやね~!

 

2016年9月12日ちょうど2年前に公益社団法人日本ウエイトリフティング協会の会長に選出され、2017年5月に国際ウエイトリフティング連盟会長選挙に出馬して落選。

 

翌月6月に会長推薦枠で理事に就任し2021年まで任期が残ってる。

この騒動でどうなるやら。

スポンサーリンク


三宅義行は双子の兄なの?

三宅義行さんに双子説があるみたいやけど違うみたいよ。

 

三宅義行さんは9人兄弟の7番目で、兄で一緒に金メダルを獲った義信さんは9人兄弟6番目で同じ競技をしてたし、お顔も似てるからそう思われてたりしたのかもね。

 

ちなみに、お兄さんの義信さんは1939年11月24日生まれの78歳(2018年9月12日現在)。

ね。義行さんと義信さん似てるっしょ?

三宅義行の結婚した妻(嫁)や娘・家族は?

家族は5人家族で、妻(嫁)、育代さんという音大出身の方で、長男もウエイトリフティング経験者。

次男・敏博さんもウエイトリフティング経験者で、リオオリンピックのときには全日本女子ヘッドコーチをされていたようですよ。

 

で、娘さんは宏実さんで今でも現役のウエイトリフティングの選手・指導者をしていて、女子48㎏級と53㎏級の日本記録保持者やねんて。

もちろん、担当コーチは父である義行さん。

父・娘・兄の3ショット。

やっぱり兄弟似てるよね(笑)

スポンサーリンク


三宅義行の名言が気になる!

んん~、兄の義信さんの名言は出てくるねんけど、義行さんの名言は出てこんなぁ~。

 

ある意味今回のパワハラ騒動での発言が名言なのかもね。

俺にあいさつもないのかやら、練習メニューが気に入らない、でコップを投げつけたり、合宿地であるナショナルトレーニングセンター(NTC)から出て行けとかね。

 

一方、兄の義信さんの名言は、、、、

夢から遠く離れすぎると人は元気をなくします。日本全体が今そうなっている。すると夢を持つ子供も育たなくなります。小さいことでかまわない。夢を持ちましょう。持たない夢は、つかむことができないのですから。

やら、なにごとも努力なくして勝利なし。

んでもって、つくづく夢は大切だと思います。夢のない人に理想はなく、理想がなければ信念が生まれません。信念がなければ計画が立たず、計画がないと当然実行はなく、成果もないからです。

なんかが代表的な名言のようですよ。

世間の反応

https://twitter.com/thinkingreedefl/status/1039468117938720774

確かに世界に知れ渡るのは恥ずかしいよね。

 

そうなのよね~。スパルタとパワハラの境界線って難しいよね。

 

日本社会そのものの体質なのか!

まとめ

まとめ,画像

三宅義行は双子の兄?結婚した妻(嫁)や娘・家族は?名言が気になる!で、調べた結果、、、、

  • 三宅義行さんは9人兄弟の7番目であり、兄の義信さんは6番目で双子ではない。
  • 妻(嫁)を除いた家族全員がウエイトリフティング経験者である。
  • 名言は兄・義信さんのもので、義行さんは迷言になりそうな気配がプンプンする。

というような結果になりました。

しっかしまぁ~、重量挙げって言ってたものがウエイトリフティングと言う方がメジャーになったのはいつからなんかねぇ。

 

運動系の世界は上下関係厳しかったりするのは当たり前やねんけど、どこまでが指導でどこからがパワハラなんかっていうのはセクハラと同じで本人がどう思うかで変わってくるような気もするねんなぁ~。

 

おばちゃんも、運動部やってんけど、めっちゃしばかれたで。

普通の授業でも次の授業までの10分休憩の間の5分で教室まで戻って着替えて、体育館の屋上3Fにあるプールまで戻って来い!じゃないと竹刀で殴られるとかもあったで。

 

時代の変化なのか隠蔽されてたのが露呈されていっているのか微妙なところやね。

今回のも3年前のやろ?

コンプラ委員会開くとか言うてるけど、コンプラ委員会は所詮自分らでやることやん。

 

どうせやったら第三者委員会とかにすればイィのにね。

今日コンプラ委員会開くみたいやし、まぁ待ってみましょっかね。

 

ってな感じで今日はこの辺で。

まったね~ん♪

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください